「にじいろ夢キャンバス~こどもがえがくふくしま市~絵画・作文紹介」の画像

この特集をご覧いただく方へ
この記事は2012年10月15日に公開したものです。
予めご了承の上ご覧ください。

 震災から約1年半が経過した現在でも、福島地域(福島市及び周辺市町村)には、風評被害をはじめとした、さまざまな原子力災害の影響が残っています。
 このような中で子どもたちは、これからの福島市について、どのような「夢」を描いてるのでしょうか?
 「ももりんく」では、「自分たちの暮らす、福島市への夢」をテーマに、市内の各小学校を通じて、作品を募集しました。
 その結果、応募いただいた数々の作品は、明るい未来への思いがこめられた、子どもたちの元気が伝わってくるような作品ばかり!
 これからの福島市が、少しでも子どもたちの描く「夢」に近づけていけるよう、大人である私たちも、まちの復興に向けて前へ進みたいと、あらためて感じさせられます。
 子どもたちの希望にあふれる、素晴らしい作品をぜひご覧ください。たくさん寄せられた作品の中から、各学校の代表作品を紹介いたします。

募集の概要

ももりんのイラスト

  • 募集テーマ:自分たちの暮らす、福島市への「夢」
    「福島市がこんな街になったらいいな」、「こんな街で暮らしたい」、「街の未来のためにこんなことをしたい」など
  • 募集作品:絵画及び作文(200字程度)
  • 募集期間:平成24年7月11日から9月10日まで
  • 応募作品数:合計334点(絵画217点、作文117点)
  • 掲載作品数:合計44点(各学校の代表作品を掲載しています。)

「にじいろ夢キャンバス~こどもがえがくふくしま市~」作品募集概要詳細【PDFファイル:418KB】

応募作品

絵画 28作品

作文 16作品

関連リンク

LINEで送る