ふくしま地域ポータルサイト

イベントに関するお問い合わせ各イベント情報の「問い合わせ先」までご連絡ください。

『信夫狐の鴨左衛門(しのぶぎつねのかもざえもん)』 ~にんげんだったきつねと、きつねになりたい女の子~

『信夫狐の鴨左衛門(しのぶぎつねのかもざえもん)』【開催日または開催期間】3月1日(日)
【雨天時の開催】決行
【開催時間・営業時間】【午前の回】 開場 10:30 開演 11:00 終演予定 12:00  【午後の回】 開場 13:30 開演 14:00 終演予定 15:00 【開催場所】福島テルサ 3階 あぶくま
【主催者(主催団体)】福島市、(公財)福島市振興公社、劇団120〇EN
【参加料】無料
【対象】親子・保育園・幼稚園・小学生向けの演劇です。 ※大人の方もご鑑賞いただけます
【定員】各回先着80名様
【申込方法】https://120en.com/303-order/

【ホームページ】http://www.f-shinkoukousha.or.jp/terrsa/oshirase-20200212.html
【問い合わせ先】福島テルサ Tel:024-521-1500 【イベント紹介文】
〇あらすじ
江戸時代。
ふたりだけで生きていこうと家を飛び出した、お姉ちゃんの「べに」と妹の「むく」。
ふたりは、信夫山のふもとで、きつねたちに出会います。
自由気ままに生きるきつねになりたいと願う「べに」。

きつねの一匹の、鴨左衛門(かもざえもん)は、
それを止めようとするのですが…。

〇福島市に残る信夫三狐の民話を基に、こどもたちと、いのちを育むあなたに届ける
この街がもっと面白くなる、劇団120〇ENの民話劇。

【その他】劇団120○EN(げきだんひゃくにじゅうえん)https://120en.com/
「福島に住む人々のルーツを辿る演劇集団」として、福島市に伝わる歴史や民話を下敷きにした、福島だからこそ観ることの出来る創作劇を探し、定期的に上演している。震災直後の2011年4月旗揚げ。
夢奏蔵を使った仕事終わりの短編演劇ロングラン公演や、じょーもぴあ宮畑の縄文遺跡をそのまま舞台にした野外縄文劇など、様々なスタイルで公演を行っている。

LINEで送る

「ももりんく」についてイベント投稿利用規約リンク・RSSについてプライバシーポリシーについてご意見・お問い合わせ

Copyright (c) ふくしま地域ポータルサイト運営委員会. All Rights Reserved.